2018/02/15

私もまだまだ

前回の記事で物忘れが多くなった、と書きましたが
将棋でも同じなんです
見落としで負けることが増えました

若い頃はおじさんと指すのは気楽でした
なぜなら
大きな見落としで、押されていても逆転できるパターンが多かったんです
ですが
自分がおじさんになった今は、優勢の局面でも悪手を指して逆転負けするんです
集中力の低下は将棋にも表れています
近頃は対戦相手が30才前後の若い人だと緊張が走ります
「しっかり、しっかり、盤面を広く読んで」
と言い聞かせながら対局を始めますが
20~30分経ちますと集中力が緩みます
関西将棋会館では、最近は負け越しが続いていました

家で将棋ソフトと対局していた時に、最後13手の変化でソフトに逆転勝ちしました
マクドナルドで詰め将棋の本を読んでいた時に、7手詰めの上級問題を5分ほどで解きました
1時間考えても分からない問題の方が多いんですよ

「私もまだまだ捨てたもんやない」

連休二日目、福島区の関西将棋会館に向かいました
JR大阪駅を西へ地下歩行者道路『ガーデンアベニュー』歩きます
IMG_1559_convert_20180213195455.jpg

地上に出て5~6分で関西将棋会館に着きました
美しい花を観賞できたおかげでしょうか
集中力が戻ったからでしょうか
この日は勝ち越しました



2017/10/07

将棋のマナー

藤井聡太四段の活躍で将棋人気が高まっています
将棋ファンの私には嬉しい状況です
アマチュアの将棋にも、もちろんマナーがありますよ

対局開始時は両者「お願いします」と一礼します
一手に多く時間をかけない
対局中はよそ見をしない、隣の対局を見ない
対局終了時は負けた人は「負けました」か「ありません」で一礼する
勝った人も一礼します

まあ、これが最低限のマナーですね
小学生を含めて、ほとんどの方がマナーを守られています
段位の高い人ほど、マナーもしっかりしておられます
ですが、たまにですが、将棋を指していると、相手に不愉快な思いをさせる人もいるのです
対局中に隣の対局を見るのは
「自分の将棋は勝ったも同然だ」「あなたには考えなくても勝てるよ」
って言っているみたいなものです
失礼ですね
また、負けると何も言わずプイっと席を立つ人がいるのです
大人げないですね
終了時は負けた人の方から対局を振り返る発言(感想戦)をするほうがいいですね
勝った人から発言しないのがいいと思います
将棋はとても奥深く、エキサイティングなゲームです
みんなでマナーを守って楽しみましょう

少し前の事です
一段上の人との対局中、相手の人が開始早々より隣の小学生の対局をちらちら見るのです
「許さん、ボコボコにしたる」
必死で手を読み優勢に持ち込みました
相手は隣を見る余裕もなくなり、投了しました
「どうや、ざまあみろ」

しかし、私も上品な将棋ファンではありまへんな~



2017/09/05

三段を目指します

IMG_1441_convert_20170902200114.jpg

大阪市北区浦江公園横の前田アパートです
2階の真ん中の部屋に村山聖が住んでしました
『聖の青春』の主人公、29歳で亡くなった天才棋士です
4畳半の部屋にコミックが山のように積まれていたそうです
『聖の青春』は2度読みました、アパートの前に立つと物語が蘇ってきます
部屋は今もそのままで、将棋ファンの聖地になっています

IMG_1449_convert_20170902200719.jpg

ここから歩くこと10分、関西将棋会館に着きました
ここでは初段で指しています
最近は成績が落ちてきています、読みが鈍ってきましたね
将棋では見落としは直ぐ敗因に繋がります
1局目はその見落としがあり完敗です
ショックを引きずりながら2局目へ、押されぱなしでしたが逆転勝ちです
勝負を諦めずに粘りの手を指し続けたのが良かったですね
これで調子に乗り、この後3連勝です
特に4局目は互角の展開でしたが、最後は一手勝ちで終わりました
4勝1敗の好成績です
将棋ファンの聖地を訪れたお陰がありましたか

いとこの女性から藤井聡太四段の扇子を頼まれていました
ずーと売り切れ状態でしたが、今日は買うことが出来ました
「藤井聡太はおばさんキラーなんかいな?」

将棋に人生を賭けた村山君も賭けている藤井君も羨ましいです
私は今まで人生を賭けるものがありませんでした
でも、引退したら三段を目指しまっせ
人生これからや~



2017/06/16

好みを窮屈にしては、いけません

中学生棋士 藤井聡太四段の活躍で注目される将棋界ですが
30年前にも凄い中学生がいたんですよ

『聖の青春』 大崎善生著 角川文庫
IMG_1328_convert_20170614130246.jpg

29歳で亡くなった天才棋士・村山聖の物語です
昭和58年、村山は中学生の時、故郷広島から大阪に出てきます
独り身の森信雄六段の弟子となり、大阪市福島区の将棋会館近くの森のアパートに住み込みます
村山は幼い時からネフローゼに侵され病の身です
森と村山、二人の食事はいつもJR福島駅の高架下の『更科食堂』でした
食堂の人は二人を母親に逃げられた親子だ、と思っていたそうです
更科食堂は今も営業、私も将棋会館の帰りに利用したことがあります

この二人、暗さがないんです
森は麻雀、村山は少女コミックにはまり込みます
自分の好みを我慢することはありません
ここのところが、私とは大違いですね
私は将来や蓄えを考え、好きな事を我慢することが度々あります
この本を読みますと
村山や森の窮屈でない、のびのびした生活が自然に思えてきました
やがて、村山は羽生善治と互角に戦う棋士に成長しますが
このスタイルは変わることはありませんでした

最近、金額的にちょっと迷っていた見たいDVD、読みたい本を立て続けに購入しました
お昼の食事も日替わりランチでなく、好物を注文しています
月々の小遣い、多くないのに
でも、このほうが心がスッキリします
自分の好みを窮屈にしては、いけませんね

関西将棋会館では藤井四段は4階のプロの対局室へ、私は2階の将棋道場へ
私はなかなか3連勝が出来ません、藤井君は何連勝するのでしょうか?



2017/05/12

集中力

連休が取れ、体調も良好でしたので
ひと月ぶりに関西将棋会館に行きました
前回は大きく負け越しです
それからは、将棋ソフトで家でも対局練習です
ソフトはミスをしませんので手強いですよ
そして、暇を見ては詰め将棋を解いていました
「よし、集中力が戻った、実戦や」

IMG_0979_convert_20160429132710.jpg

藤井聡太四段の影響でしょうか
小学生が多く来ていましたね
女の子も見受けられます
これは、香川愛生女流三段や室谷由紀女流二段の影響でしょう
お二人とも美人でテレビでも見かけます

この日の成績は3勝2敗でした
見落としもあり、集中力は今一つでしたかね
でも、勝った3局のうち2局は一手勝ちでした
一手勝ちというのは、どちらの玉にも詰みがあり一手先に詰ますことです
相手の詰め筋、こちらの詰め筋を間違いなく読み切っての勝利です
「わしも、まだまだ捨てたもんやない、若いものに負けへんで」
次の目標は4勝1敗です