私の思い

淡路駅周辺

阪急淡路駅はただ今、高架工事の真っ最中です
それに伴い、駅周辺の区画整理事業も進んでいます
私の住む淡路駅西側はほとんど事業の対象でなく、今まで通りの下町風景ですが、東側は大きく変わってきています
道路が整備されJR淡路駅が建設中です、完成すれば新大阪駅へは一駅ですか
知らないうちに洒落たマンションや店舗が多く建てられています
新装の東淡路商店街では今まで淡路にはなかった精神科のクリニックが開業していました
悩み多きエリオット、こちらのお世話にまるのでしょうか
IMG_1348_convert_20170625133019.jpg

植栽豊なエントランスのマンション、私のマンションにも植栽がありますがこんな規模ではありません
IMG_1341_convert_20170625132947.jpg

東側は新しい街への生まれ変わりつつあります
後10年したら、東側が淡路の玄関になるでしょうね
ですが
西側の方が商店街の店舗も多いし、飲食店も多いんですよ
下町のダサいイメージが存在しますが、一人暮らしの身には生活に便利な地域です
淡路駅西側には満足して暮らしています



私の思い

公園の桜

桜の満開の時期は休日とすれ違いでした
京都嵐山の桜を観に行こうと思っていましたが、来年になりますか

IMG_1289_convert_20170417130447.jpg

近所の公園の桜です
嵐山の桜も公園の桜も良し悪しはありません
精いっぱい咲いてます

生まれたところ、育った環境、人それぞれです
私には振り返るような過去はありません
でも、これからは精いっぱい生きたいですね


私の思い

不寛容の時代

家の近くに保育所ができると騒音になるので反対
子供向けの施設ができると迷惑なので反対
こんなニュースを耳にします
子供は親だけでなく地域で育てなければならなのに
これでは少子化対策も進みません
反対する人の気持ちが分からなくもないのですが
最近、社会に包容力のなさを感じます
不寛容の時代だそうです

移民問題でイギリスはEUを脱退しました
自国優先の考えが各国で広まっています
自国と自国民さえよければ良い
これで何が解決するというのでしょう
これからの世界が案じられてなりません


私の思い

歩きたいですね、京の路地

京の路地を歩きたいのですが
ここの所、京都へは行けません
夜勤明けの休日は疲労が残っていますので遠出は控えています
月に2度の朝から休みの完全休日は将棋を指しに行きます
こちらも、好きなんです
「月に2回なんて、少ないよ~」
先日、『船越英一郎 京都の極み』の路地がテーマの録画を見ました
情緒いっぱい
京の町衆の世界へ誘う路地が紹介されています
何度見ても、飽きません
登場する女性カメラマンの水野歌夕さんは京都の路地を撮影されています
「彼女の写真集、欲しいな~」

私の住む大阪市東淀川区淡路の町は阪急京都線と千里線の交わる交通便利な町です
商店街、スーパー、医療機関、外食、銭湯があり、とても住みやすいです
ですが
京都の路地の近くには、こういう施設、見当たらないのです
「住みにくいじゃないかな~」て思うんですが
皆さん、昔からのひいきの店があるんでしょうね
店舗や広告のない空間の中に
暮らしやすさが隠れているんでしょう
地域の結びつき、伝統、伝説が周りを取り囲んでいます
猛暑の季節も去りました
歩きたいですね、京の路地

city004.png



私の思い

静かな社会

昼の間は部屋の電話には出ないようにしています
ほとんどがセールス電話なんです
電話帳に電話番号を載せていますので、そこからかかってくるんでしょう
午後7時を過ぎてもかかってくることがあります

玄関前のポストにはセールスチラシが多く入っています
郵便物よりも多いんです
ほとんど読みません
住んでいるマンションは玄関がオートロックです
各部屋へ行けませんので、訪問セールスはありません
でも、戸口に行けるマンションや一戸建てのお宅では多いんでしょうね

セールス行為は事前にアポを取るか、誰かの紹介をもらうかにしてほしいです
訪問も電話もチラシもいきなりというのは迷惑です
外国でもあるんでしょうか
仕事なら許される、日本の悪い習慣だと思います
こういう営業、改めてほしいですね
静かな社会に住みたいです



プロフィール

エリオット

Author:エリオット
大阪のおじさんです
警備会社に勤めています
今まで、いろいろありましたが
夢はまだ消えません

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のトラックバック
ブログ内検索
QRコード
QR
FC2カウンター

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ